平成24年度 博士課程教育リーディングプログラム:東京大学 ソーシャルICT グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム

ホーム > GCL TechTalk シリーズ > 2017/05/17 (R2P) Global Design Seminar & Lecture: 「ICTビジネスと法」, 「ICTと法 ―「忘れられる権利」を素材に」(講演:日本語)

GCL TechTalk シリーズ

2017/05/17 (R2P) Global Design Seminar & Lecture: 「ICTビジネスと法」, 「ICTと法 ―「忘れられる権利」を素材に」(講演:日本語)

Global Design Seminar/Lectureを下記のとおり開催いたします。

※GCL TechTalkへの出席点は、M1生のGCLコース生2年次選抜評価に、M2以上は奨励金の査定に使われます。また、M1生はGCLコース生2年次選抜評価時までに最低3件のレポートを提出してください。M2以上はレポートの提出は必要ありません。
出席レポートフォーム> <レポート作成上の留意点こちらを参照

〈5/17TechTalkのレポート提出先〉
https://www.dropbox.com/request/mtaxdzMW27x4eIz4QaaC

※GCLコース生は、参加/不参加をこちらから事前登録してください。

※本講演はGCLコース生,情報理工学生以外の本学関係者の方も参加いただけます。

<プログラム>
◆(R2P) Global Design Seminar ———————————————————————–

日時:2017年5月17日(水)14:55-15:50
場所:東京大学 工学部3号館 2階 GCLラボ
タイトル: 「ICTビジネスと法」
講演者:村上 陽亮((株)KDDI総合研究所  フューチャーデザイン1部門  3グループ・グループリーダー)
概 要:
ICTビジネスを起業したり、ICTビジネスを手掛ける企業に入社した場合、技術者といえども法制度は無視できない。どのような法制度がどのような形で適用されるのか、また影響や課題について、企業側の立場から実例を踏まえつつ、紹介する。

使用言語:日本語

◆(R2P) Global Design Lecture ———————————————————————–

日時:2017年5月17日(水)15:50-16:40
場所:東京大学 工学部3号館 2階 GCLラボ
タイトル: 「ICTと法 ―「忘れられる権利」を素材に」
講演者:宍戸 常寿(東京大学大学院法学政治学研究科・教授)
概 要:
法は、人間の行動態度を整序し、社会を適切に維持発展させるための仕組みである。その法がICTにどのように関わるのか。近時世界的に議論される「忘れられる権利」(right to be forgotten)を素材に、法とICTの連関の諸相を明らかにしたい。

使用言語:日本語


お問合せ:GCLプロジェクトインキュベーション機構
pim [at] gcl.i.u-tokyo.ac.jp ([at] を@ に変えて送信してください)


« GCL TechTalk シリーズのトップに戻る