平成24年度 博士課程教育リーディングプログラム:東京大学 ソーシャルICT グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム

ホーム > GCL TechTalk シリーズ > 2018/02/15 Global Design Seminar: 「みらい翻訳の紹介:急速なAI技術進化と技術系スタートアップ経営の観点から」(講演:日本語)

GCL TechTalk シリーズ

2018/02/15 Global Design Seminar: 「みらい翻訳の紹介:急速なAI技術進化と技術系スタートアップ経営の観点から」(講演:日本語)

Global Design Seminarを下記のとおり開催いたします。

カードリーダーによる出欠管理は行いません。

※このGCL TechTalkは、レポートの提出で出席と見なされます。M2以上の出席点は奨励金の査定に使われます。
※出席者は、全員 https://www.gcl.i.u-tokyo.ac.jp/gcltechtalktop/ の「GCL TechTalkのレポートに記載すべきこと」に基づいて、レポートを書き、レポート提出先へ提出してください。

〈2/15 TechTalkのレポート提出先〉
https://www.dropbox.com/request/bcuy3W89Ghtg7jRLP6sT

※GCLコース生は下記の事前申込とは別に、参加/不参加について事前登録が必要です。(登録を締切ました)


本講演会は、GCLプロジェクトインキュベーション機構、特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター、東京大学ものづくり経営研究センターの共催により開催されるものです。

●参加方法:東京大学の学生は参加費無料
事前申込が必要です。定員になり次第締め切ります。

出席のお申込みは2018年2月13日(火)までに
akeyama[at]mmrc.e.u-tokyo.ac.jp迄お知らせ下さい。([at]を@に変えて送信下さい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第225回(2018/2/15)コンピュータ産業研究会 出席票
いずれかに印を付けてください。
□一般        □東大学生      □他大学学生
□GBRC会員   □MMRC関係者   □GCL関係者
お名前:
ご所属:
※お申込メールへの返信はしておりません 。
定員に達した場合のみ、お申込メールに返信いたします。予めご了承ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】
2018年2月15日(木)19:00~21:00

【報告者】 栄藤 稔(えとう みのる)
大阪大学 先導的学際研究機構 教授
株式会社 みらい翻訳 代表取締役社長
株式会社 コトバデザイン 執行役社長
科学技術振興機構 CREST 人工知能領域 研究総括

【プロフィール】
2000年,松下電器株式会社(パナソニック)からNTTドコモに転じ,モバイルマルチメディア,データマイニング,音声認識,モバイルネットワークに関する技術開発と新規事業立ち上げに従事.MPEG-4, H.264,しゃべってコンシェル等のAIサービスの設計で知られている.MP-4ファイルフォーマットの生みの親でもある.
スタートアップのエコシステムは事業系投資会社の経営で詳しい.
米国にてDOCOMO Innovations,DOCOMO Capital社長を経て,2016年7月までNTTグループの投資部門であるNTTドコモベンチャーズの社長を兼務.2017年6月NTTドコモ執行役員を退任し,同年7月より大阪大学先導的学際研究機構教授に着任.関西企業を中心にデジタル変革を支援中である.
2014年10月より機械翻訳の新規事業である株式会社みらい翻訳 代表取締役社長,
2016年6月より科学技術振興機構 CREST 人工知能領域 研究総括,
2018年8月より対話技術開発のスタートアップである株式会社コトバデザイン 執行役社長,を兼務.
1985年広島大院修士了.工学博士(阪大)

【テーマ】
「みらい翻訳の紹介:急速なAI技術進化と技術系スタートアップ経営の観点から」

【要旨】
報告では,最近のAI技術進化をサーベイすることから始める.
深層学習(Deep Neural Network)を代表する機械学習の進歩により,数年前までは考えられなかった産業応用が進もうとしている.
「モジュールの性能がある臨界点を超えた時,それまでは不可能だと思われていたサービスが急激に立ち上がる.」ということを実例で示したい.
次に株式会社みらい翻訳の設立の背景と現状を説明し,機械翻訳の技術動向を述べる.当社は従業員のほとんどが自然言語研究者,ソフトウェア技術者,翻訳者からなっている技術開発会社である.3年前の設立時に腐心したことは,グローバル展開の視点を持ちつつ,日本国における言語資源と技術を当社に集中させるエコシステム構築であった.
最新の深層学習による機械翻訳(Neural Machine Translation)の性能とその開発によって得られた教訓を参加者と共有し,今後の戦略を議論したい.

【場所】
東京大学ものづくり経営研究センター
住所:〒113-0033
東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学経済学研究科
学術交流棟(小島ホール) 5階
電話:03-5841-0687
(東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅より徒歩6分、都営大江戸線本郷三丁目駅出口4より徒歩3分
*東大構内へは「懐徳門」よりお入りください。)
地図 http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

[共催]
GCLプロジェクトインキュベーション機構/東京大学ものづくり経営研究センター

[参加費]
・一般 2,000円   学生 100円
・GBRC会員は会員特典で参加費無料。
・MMRCと情報理工GCLにかかわる教職員は参加費無料。
・東京大学の学生は参加費無料。

*GBRCネット会員登録の手続きなどについてご不明な点などございましたらご連絡下さい。
GBRCのネット会員(個人準会員 年会費10,000円)は、
・GBRCのオンライン・ジャーナル『赤門マメジメント・レビュー』への論文の投稿
・GBRC主催・共催の講演会・セミナー等の受講料の軽減
といった特典が受けられます。 よろしくお願い申し上げます。
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/shintaku/comken/


« GCL TechTalk シリーズのトップに戻る